交通事故後に多い症状

首の痛み(むちうち等)

むち打ち症

交通事故で一番多いのが『むち打ち症』です。

事故後、数日~数週間経ってから痛みや違和感、極度の張りが現れることが多く、

軽症の場合でも、放置すると偏頭痛やしびれ・めまいなどの

後遺障害に悩まされることがあります。

むち打ち症は、患者さまご自身でできることが少ないので、

根気よく通院治療することが大切です。

手足のしびれ

手足のしびれ

強い衝撃による神経の圧迫や衝撃で、

腕や手先にかけて「しびれ」や「だるさ」などの症状がでることがあります。

重症の場合は、めまいや吐き気などの症状が現れることもあります。

当院では、初めに問題のある部位を発見して、

神経に沿ったマッサージや鍼治療で、

しびれやだるさなどの症状を改善し、

患者さまご自身でできるリハビリやストレッチなどの指導も行います。

耳鳴り・めまい・頭痛

耳鳴り・めまい・頭痛

特に原因が特定できない場合、

整形外科などでは「精神的なもの」と判断されることが多い症状ですが、

脳の血流が障害を起こす「バレ・リュー症候群」の可能性があります。

検査で発見しにくく、症状を認定するまでに時間がかかる症状なので、

安易に考えず当院までご相談ください。

腰の痛み(腰痛)

強い外傷で腰痛を発症することもありますが、

事故から数週間後に症状が現れることがあります。

実は、むち打ち症の痛みの半分は腰痛にあるとも言われ、

事故の強い衝撃で「ぎっくり腰」と同じような症状が現れたものです。

むち打ち症による腰の痛みは、時間の経過とともにひどくなる傾向にあり、

入院治療や身体の麻痺に関わることもありますので、

軽く考えず当院までご相談ください。

筋肉・靭帯・関節の痛み

交通事故によるケガの症状は、

靭帯・筋肉・関節などレントゲンでは映らない部分が

最もダメージを受けているケースが少なくありません。

また、事故直後は問題なくても、

後から不調が現れるのも交通事故によるケガの特徴です。

事故後のレントゲン撮影で問題なしだからと安心せず、

交通事故に遭ってしまったら、

一度は当院での診察を受けることをおすすめします。

☎0774-29-6293

 
9:00~21:30 × 9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※水曜日と日曜日は休診です。

交通事故に遭ってしまったら・・・

1、事故に遭ったら必ず警察に連絡してください。

示談に応じてしまうと後々問題が生じやすいので

必ず警察に連絡しましょう。

交通事故では、その時は平気でも数日経ってから症状がでることが多いです。

保険請求の際には「交通事故証明」が必要になりますので、忘れず申請しましょう。

それがないと自賠責保険が使えません。

2、ご自身が加入されている損保会社に連絡をしましょう。

3、整形外科などの病院にて診断書をいただいてください。

交通事故は、無防備な状態の身体にいきなり大きな衝撃が加えられた状態です。

事故直後は痛みがなくても、

ショックで痛みを認識できていないだけということもありますので、

事故に遭ったら病院の診察を受け、診断書を発行してもらいましょう。

4、診断書の提出

所轄の警察に診断書を提出して人身事故扱いにすることで、

自賠責保険へ治療費の請求が可能になります。

5、保険会社へ報告

保険会社の担当に、

事故に遭った状況と診察を受けた病院や医院名を伝えてください。
また、接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝えてください。

6、当院にご予約ください。

☎0774-29-6293

7、保険証を持参の上、当院にご来院ください。

自賠責保険が使えますので、窓口料金の患者様負担はありません。

治療時には遠慮せずに症状のすべてをお伝えください。

適切な治療期間、生活指導などをおこなっていきます。

☎0774-29-6293

 
9:00~21:30 × 9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※水曜日と日曜日は休診です。