交通事故・追突事故で手の痺れ(しびれ)・手の痛みの症状が出た場合もお任せください!

交通事故・追突事故で手にしびれが出て困っておられませんか?

交通事故に遭い、手の痛みやしびれが出ることがあります。

交通事故の衝撃によって頚部に外力が加わることで
『むちうち症』となり手や腕にしびれが出ることがあります。

中には握力が著しく低下したりする例もあります。

しかし、
むちうち症が治っても手のしびれがとれない!
なんてこともあります。

その様な症状は『正中神経』という手のひら、手首、前腕に存在する神経に異常がある可能性があります。
(手根管症候群と診断されることもあります)

交通事故にあってしまったときに急ブレーキをかけ、ハンドルに手のひらをぶつけたり、手首に強い力が加わり、手関節を捻挫することによって、筋肉、神経、血管を損傷している可能性があります。

中には舟状骨骨折(手のひらを構成する骨、手根骨のひとつ)の恐れもあります。

この様に、手根管症候群となり、しびれや痛みが出たり、手のひらの骨(多くは舟状骨)を骨折することで痛みが出ることもあります。

交通事故による手根管症候群手のしびれの症状

手根管症候群の主な症状は、

・指先(親指~中指)のしびれ

・手のひらのしびれ(正座をしているときに足が痺れる感覚に似ているとされます)

・物がうまく握れない(握力低下)

・痛み

などがあげられます

この様な症例の場合は、痛みがあることで指先や手首を使わなくなり、筋肉が硬くなってしまっていたり、正中神経が通る「手根管」が浮腫によって圧迫されることが多いため、前腕・上腕の筋肉、特に前腕屈筋群に対してアプローチし、腱の動きをスムーズにし、血流をよくしていきます。

「前腕、手のひら、手首に違和感があるなぁ」
「しびれがあるなぁ・・・」
「でもむちうちと診断されたし、首が原因だろう!」

と思われる方も多いですが、原因を早期に特定して、早期治療する事が大切です。

交通事故のむちうちによる手のしびれの症状

上記のように手や前腕に原因がある例もありますが、むちうちによって手のしびれや痛みがでることがあります。

交通事故で頚椎椎間板ヘルニアになったり、むちうち症によって神経・筋肉等を損傷することで手にしびれが出ます。

特に、むちうち症で「斜角筋群」を損傷してしまうと、斜角筋群の間を通る腕神経叢という上肢に至る神経の束を損傷・圧迫・絞扼することがあります。

一般的には胸郭出口症候群(斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群などの総称)とも呼ばれ、なで肩の女性に多くみられます。

上肢への血流障害や神経障害が起きる為、首の損傷にも関わらず手・前腕・上腕にも症状がでます。症状は筋力低下・しびれ・痛み・不快感などむちうち症に凄く類似しています。

この様な症状に対しては、頚部の筋肉(特に斜角筋群とその周囲の筋肉)に対してアプローチし、筋肉によって障害を起こしている神経・血管を解放していきます。

頚椎椎間板ヘルニアが疑われるような神経症状・整形外科的テストが陽性である場合は整形外科の判断を仰ぎます。

交通事故による手のしびれの後遺障害

手のしびれは原因に関わらず、放置したり、治療が遅れると後遺症になりやすいため危険です。

万が一にも後遺障害が残らないように、早期に整形外科を受診していただき、医師に症状を伝え、整骨院に来て下さい。

手のしびれ・痛みは整骨院に通院して早期治療をおこなうことが大切です。

後になって、診断書を貰っても、自賠責保険が適用されないこともあります。

早期に診断書がでましたら、
保険会社には当院が症状をお伝えしますのでお任せ下さい。

交通事故で手の痛みやしびれが出たときは、松井山手のなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。
早期治療、根本治療を目指していきましょう!

 

京都(京田辺/松井山手)で交通事故治療に通うならBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故治療スーパーバイザー 辻

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は休診です。

 

 

コメントを残す