交通事故(追突事故)で肩の痛みが出た場合もお任せください!

交通事故に遭い、このような症状がでていませんか?

☑車に衝突されてから肩が痛くなった

☑肩があがらなくなった

☑肩をあげようとするとゴリゴリ聞こえる(軋轢音)

☑夜間痛があって夜中に目が覚める

でもレントゲン所見では骨には異常がないと言われた。

 

このような症状は【肩腱板損傷及び断裂】の可能性が非常に高いです。
(特に交通事故前から【肩関節周囲炎(五十肩)】を患っている方は要注意!)

肩関節を安定させる4つの筋肉を総称して『肩腱板』『ローテーターカフ』と言います。

 

レントゲン所見では、肩峰と骨頭の間が狭くなります
(肩の関節が狭くなり、動きにくくなるイメージです)。

骨折を無くても筋肉の『腱』が損傷・断裂する事で関節に異常所見がでます。

 

念のためにレントゲンだけではなく、MRI、エコー検査、関節造影検査を用いて鑑別し、診断する必要があります。

 

整骨院ではレントゲン診断やMRI検査をすることはできませんので、
整形外科で医師に診断していただく事をオススメしております。
(近隣の整形外科・病院をご案内・ご紹介も
させていただいております。)

 

肩が痛いことで肩関節の運動をしなくなり、拘縮を起こして固まってしまうことがあります。そして肩腱板の炎症が関節内に波及して肩関節周囲炎(五十肩)になることがあるので、注意が必要です。

 

特に肩腱版断裂の場合は後遺症が残る可能性がありますので、整形外科で早期に検査をするべきです。早期診断が交通事故による因果関係の証明にもなります。

そして整形外科と併用して整骨院で小まめな治療を受けましょう。

肩関節周囲炎(五十肩)肩腱版損傷を見極めて早期治療を始める事が大切ですね。

 

交通事故で肩が痛くなってどうしていいかわからない、

不安がある方は一度、当整骨院にご相談ください。

 

京都(京田辺/松井山手)で交通事故治療に通うならBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故治療スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:30 × 9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※水曜日と日曜日は休診です。

 

コメントを残す