交通事故が原因で坐骨神経痛になってしまったら・・・

もし、交通事故が原因で【坐骨神経痛】になってしまったとしても

当院にお任せください!

交通事故において坐骨神経痛が起きうる状況として「追突事故」があります。

例えば、停車状態で追突されると、追突されたドライバーの足はブレーキペダルを踏んだままの状態で後ろから急激な圧力が加わります。

 

このときに坐骨(骨盤の一部)に強い衝撃が加わり、坐骨神経が何らかの原因で痛みを発生するに至ります。

坐骨神経痛は腰痛、お尻や太腿(ふともも)の後ろ側に痛みや痺れ(しびれ)、灼熱感(熱いような痛み)がみられます。

足先やふくらはぎにもこのような症状がみられる方もおられます。

 

でも実は坐骨神経痛って【病名】ではありません!

あくまで【坐骨神経痛】という症状であり、神経痛を引き起こしている原因があります。

(お腹が痛いことを(原因はともかく)腹痛というような感じですね。胃腸炎かもしれないし、盲腸炎かも知れませんから。)

 

それが椎間板ヘルニアであったり、股関節脱臼によって坐骨神経を損傷してしまったり、筋肉が坐骨神経を圧迫していることも考えられます。

 

当院では原因を追究し、

その原因に対して患者様に合った治療を行います。

 

場合によっては後遺障害認定にもなるのが坐骨神経痛です。

 

お早めにご相談ください。

 

京都(京田辺/松井山手)で交通事故治療に通うならBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故治療スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は休診です。

 

コメントを残す