むちうちになり、後日腰痛も痛くなったのなら・・・

首のむちうち症だけだと思ったら

後日、腰が重く、痛くなった・・・。

この様なお悩みを、交通事故治療の問診で良くお聴きします。

実は首の痛みと腰痛には深い関係があります。

頸部~背中~腰の筋肉は脊柱起立筋群とその筋膜がと重力に逆らって背筋を伸ばす筋肉が付着しており、筋膜によって各所と連結しています。

頚部の脊柱起立筋群・筋膜が損傷されることで、腰部の脊柱起立筋群・筋膜が緊張を起こし、重さや痛みを引き起こします。

 

例えば靴下を筋膜とします。靴下のつま先部分を強く引っ張ると全体が引っ張られていきますよね。筋肉・筋膜も一部が損傷すると、このような引っ張りが発生し、症状を引き起こします。そして重さがだるさにかわり、次第に痛みに変わっていきます。

 

筋肉や筋膜による症状は整形外科でレントゲンを撮影しても映らず、見逃しがちです。

 

当院ではレントゲンではわからない、筋肉による症状を得意としています。

 

早期に症状を発見し、根本治療を始めることが何よりも大切です。

交通事故でお困りの際はご相談下さい。

 

交通事故治療(むちうち)のことなら京田辺(松井山手)の
BodyDesignなかざわ鍼灸整骨院
交通事故治療スーパーバイザー 辻

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は休診です。

 

コメントを残す