交通事故により殿筋群(お尻)の肉離れを起こしていませんか?

バイクに乗っている時に交通事故に遭ってバランスを崩し、下半身で踏ん張った。

乗用車を運転中に後方から追突され、びっくりして急ブレーキを踏んだ。

それからむちうちで首も痛いし、お尻や腰も痛い・・・・。

このような時に股関節の筋肉(大殿筋・中殿筋などの殿筋群)が筋損傷を起こし、殿筋群の肉離れとなっている可能性があります。

歩くとお尻や腰・太腿が痛い、長時間座っていることが辛い、立ちっぱなしで腰やお尻が痛くなる、階段を降りる時、昇る時にふんばれない・・・

このような症状が見られます。

股関節は体重を支える大きな役割を担っており、その股関節の筋肉が損傷することで立ち仕事、座り仕事、車の運転(長時間の座位・アクセル・ブレーキ操作)、趣味のスポーツなどに影響を及ばします。

勿論、交通事故時に首が大きく前に振られて、むちうち症となっていることも多く、精神的ストレスも甚大でしょう。

そして十分な治療期間が得られず、殿部の筋肉がしっかりと治療されないまま放置されると再発のリスクだけではなく、梨状筋症候群による坐骨神経痛、急性腰痛症(ギックリ腰など)のリスクが上がり、股関節の運動機能低下によって膝に負担がかかり痛みがでることもあります

整形外科でレントゲンを撮って【股関節捻挫】と診断されても、痛みの原因が関節ではなく殿筋群にあることもあり、油断できません。

受傷から3日間は患部をアイシングし、患部に体重をかけないよう安静にしているのが理想ですが・・・歩行動作は日常にはかかせませんし、お仕事や学校もありますよね。

歩けない程痛い場合は当院で松葉杖の貸し出しもしておりますので、ご安心ください。

当院はむちうち治療だけではなく、全身の筋肉の治療をも得意としておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

交通事故治療(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故治療スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:30 12:00

21:30
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は休診です。

 

コメントを残す