交通事故によるむちうち症筋群 脊柱起立筋群 首の痛み

脊柱起立筋群は、交通事故によるむちうち症で比較的損傷しやすい筋肉です。

人体のなかでも大きく長い筋肉であり、腸肋筋・最長筋・棘筋・多裂筋などからなります。

損傷する部位によって腰(腰椎捻挫)・背中(背部挫傷)・首(頸椎捻挫)の痛みに関与します。

今回は首の痛みにポイントをしぼってお伝えします。

脊柱起立筋群とは・・・

脊柱起立筋群は抗重力筋といわれ、日常のあらゆる動作で機能し、「脊柱を起立させる筋」と読んで字のごとく、姿勢を維持するのにも機能しています。

交通事故損傷、特にむちうちのように、頚部が前後に激しくふられることで筋損傷を起こします。

交通事故によるむちうち症 脊柱起立筋群損傷の場合の症状

脊柱起立筋群のみ損傷することは少なく、胸鎖乳突筋や斜角筋群と共にむちうち症へ関与し、背部の痛みも引き起こすことがあります。

・頚部の運動制限

・頭痛

・側頭部痛

・首のこり

・緊張性頭痛

・睡眠障害

・吐き気

・目の疲れやすさ

・背部の痛み

・背中のこり

などが症状としてあらわれます。

 

交通事故によるむちうち症 脊柱起立筋群損傷の場合の施術法

脊柱起立筋群は頚部~背部~腰部を繋いでいる筋肉です。

どこか一部分でも損傷すると、痛みが波及したり、トリガーポイントになってしまうことがあります。

 

脊柱起立筋群の回復が遅れると筋肉が硬化し、それを伸ばそうとすることで無意識に猫背になることもあります。

筋肉が硬化しないように、筋緊張を解き、血流を良くする施術を行なって改善させていきます。

 

急性期のうちに、早めに施術できていると早期回復が期待できます。

慢性的な「こり」を残さないためにも、お早めにご相談ください。

 

交通事故治療(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故治療スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

 

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は休診です。

 

コメントを残す