むちうちによる自律神経失調症の症状・施術方法は?

むち打ち症は複雑であり身体的、神経学的、精神的な症状を呈します。

多くのむち打ち症患者様は不安や心的外傷後ストレス障害に似た症状を体験すると言われており、法律、保険請求の問題にもかかわることでストレスを受け、症状の回復を遅らせます。

症状の回復を遅らせる原因の一つとして、自律神経の乱れ、特に交感神経優位となることです。

交通事故による自律神経失調症の症状は?

交通事故直後よる興奮や保険請求や法律関係の手続きによるストレス、頚部・背部の脊椎前節の交感神経線維損傷、むち打ち症によって生じる疼痛、平衡感覚障害、倦怠感によるストレスでも交感神経は活性化してしまいます。

交感神経は、日中や運動時に優位になる自律神経であり、血管を収縮させる作用があります。

交感神経が活性化し、交感神経優位の状態が継続すると、血管が収縮し、血流が悪くなります。

血流が悪くなることで、老廃物、疲労物質の代謝が遅れ、筋肉が緊張し、痛みやこりの原因になります。

 

交通事故による自律神経失調症のなかざわ鍼灸整骨院の施術方法は?

 

交感神経が活性化しすぎている場合は、副交感神経優位の状態に切り替える必要があります。

そのためには

①筋肉の緊張状態が緩和でき、副交感神経優位となるようなリラックス重視マッサージ

②むち打ち症の原因になっている筋肉や関節、神経の痛みの緩和

③交通事故に関わる保険請求などの細々とした作業からの解放

などが重要になります。

 

当院では、①②③に対してアプローチをかけて、むち打ち症及び交通事故ストレスによる交感神経優位の状態を改善していきます。

①に対しては「あ~痛いけど、気持ちいい!」と感じるマッサージを筋肉におこないます(可能であれば全身が理想)。

マッサージ自体のリラックス効果に加えて、筋肉内の血流を良くし、老廃物や疲労物質の代謝を促進させます。

②むち打ち症の原因になっている筋肉、関節、靭帯、神経など、むち打ち症の原因を見つけ出し、施術をおこないます。

むち打ち症が少しでも改善され、体調が良くなることでも自律神経は整っていきます。

③当院スタッフが保険会社様と仲介し、弁護士を通すことで患者様へ余計な負担がかからないように、サポートします。

 

身体的症状、神経学的、精神的な症状の観点からむち打ちを診て、施術させていただきます。

お困りの際は、京田辺市(松井山手駅)のBodydesignなかざわ鍼灸整骨院へご相談ください。

 

交通事故治療(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故治療スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故治療のことなら当院にご相談ください。

今すぐご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は休診です。

 

コメントを残す