【診断書について】医師に正確に症状を伝えましょう!

近頃、交通事故後に複数の部位に症状が出ているが、診断書に記載されていないがために施術を自賠責保険内で受けることができないというご利用者様が多く見受けられます。

交通事故後すぐに医師の診断を受けたときは、むちうち(頸椎捻挫)で首に何らかの症状があったが、その後背中や腰に痛みが出現し、腕にしびれが出るということは珍しくありません。

このような状態になると、診断書通りでは「頸椎捻挫(むちうち)」のみになり、損保会社としてはそれ以外の症状に対しての施術費を出すことが難しくなってしまいます。

交通事故からある程度日にちが経過してしまうと、症状と交通事故との因果関係が不明瞭になり、認められないこともあります。

ですから、そのような状態におちいってしまわないためにも、医師に正確に症状を伝える必要があり、再診を受ける場合も早期に受診する必要があります。

京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院ではご利用者様が安心して、満足のいく交通事故施術を受けていただけるように、くまなくサポートさせて頂きますのでご安心ください。

交通事故施術のことなら京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院
交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

コメントを残す