交通事故で骨折した場合に不利益にならないための大切な3つのポイント!

交通事故に遭い、むちうち症と骨折を併発してしまう重症例は珍しくありません。

骨折による激しい疼痛、日常生活と通院の兼ね合い、手続きの手間などのストレスなどが押し寄せてきます。

そうしますと、交通事故対応のために焦りや不安から、現時点で激しい疼痛の原因となっている骨折のみ訴えてしまうことも。

 

むちうち症や他にも痛みがあった部位を疎かにしてしまい、診断書にも記載されず、数か月経過した後には、交通事故との因果関係の証明が難しくなり、治療費が出ない可能性があります。

 

お客様が不利益を被る展開は避けなければならないと考えます。

 

特に大切な3つのポイント

 

1、損保会社とお客様の相互認知

損保会社の担当者様に通院する旨を連絡するか、先に通院し、後日連絡することもあります。

順序はどちらでも構いませんが、その際には痛みや違和感のある部位を損保会社の担当者様にすべて伝えておきましょう。

 

2、気になる部位は全て伝えておく。

整形外科で骨折の診断書を適切に書いてもらいますが、その際に他の気になる部位(痛みがある、動かしにくい、張り、シビレ、だるさなど)をすべて医師にお伝えください。

 

3、交通事故から2週間以内に受診・再診する。

基本的に受傷から2週間以上の症状は交通事故との因果関係を証明することが難しくなりますので、早期に受診されることを推奨しております。

 

以上3つを意識してください。

 

ご不明な点等があればお気軽に、京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院お問い合わせください。

 

他院に通院されている方に関しましても、お答えさせていただきます。

何か一つでもお力になれればと思います。

 

交通事故施術のことなら京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院
交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

台風21号で被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

2018年9月4日に大きな台風がきました。

トラックが横転する程の突風、長時間にわたる停電、関西空港が一時水没し3000人が孤立するなど各地で甚大な被害がでています。

この度の災害で被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

まだ停電が続いている地域もありますが、復旧しつつあり、関空に孤立した方々も少しずつ救助されているとニュースで拝見し、安心しております。

当院近辺の京田辺市花住坂、八幡市、城陽市、枚方市でも街路樹が倒れたり、台風の影響で道路に大きな落下物(ゴミやトタン板、大きな枝)が散乱しているところがあると聞いています。

落下物に激突したり、それを避けようとしたがために交通事故に遭ってしまうケースが多いです。

いつも以上に視界に気をつけて、落下物に落ち着いて対処できる法定速度で運転してください。

歩行者でも運転者でも、車が急にハンドルをきってくるかも!と思ってください。

かもしれない運転をいつもより意識しましょう!

 

万が一、交通事故に遭ってしまった場合はまず、身の安全を確保するために車・バイクを安全な場所に移動させておきまましょう。

 

どのような交通事故でもすぐに警察に連絡しましょう。

当事者間での話し合いはメリットがありません。

物損事故か人身事故のどちらかで処理されることになりますが、念のためにも人身事故で被害届を出し、実況見分調書や過失割合をはっきりさせておくほうがいいです。

裁判沙汰になってしまった場合、重要になってきますので。

その後、病院で診察を受けて痛い場所と痛いかもしれない部位を医師に細かく伝えましょう。

それからの細かい保険会社とのやり取り、むちうち施術などは当院が説明させていただきますので、いつでもお気軽にご相談ください。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

 

交通事故に遭ってしまったら・・・

1、事故に遭ったら必ず警察に連絡してください。

示談に応じてしまうと後々問題が生じやすいので

必ず警察に連絡しましょう。

交通事故では、その時は平気でも数日経ってから症状がでることが多いです。

保険請求の際には「交通事故証明」が必要になりますので、忘れず申請しましょう。

それがないと自賠責保険が使えません。

2、ご自身が加入されている損保会社に連絡をしましょう。

3、整形外科などの病院にて診断書をいただいてください。

交通事故は、無防備な状態の身体にいきなり大きな衝撃が加えられた状態です。

事故直後は痛みがなくても、

ショックで痛みを認識できていないだけということもありますので、

事故に遭ったら病院の診察を受け、診断書を発行してもらいましょう。

4、診断書の提出

所轄の警察に診断書を提出して人身事故扱いにすることで、

自賠責保険へ施術費の請求が可能になります。

5、保険会社へ報告

保険会社の担当に、

事故に遭った状況と診察を受けた病院や医院名を伝えてください。
また、接骨院・整骨院での施術を希望する旨を伝えてください。

6、当院にご予約ください。

☎0774-29-6293

7、保険証を持参の上、当院にご来院ください。

自賠責保険が使えますので、窓口料金のお客様負担はありません。

施術時には遠慮せずに症状のすべてをお伝えください。

適切な施術期間、生活指導などをおこなっていきます。

☎0774-29-6293

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。