交通事故(追突事故)による頭部打撲、頭部損傷は心配しすぎるくらいが大切です!

交通事故(追突事故)による頭部打撲、頭部損傷は心配しすぎるくらいが大切です!

車同士では交通事故の衝撃によってハンドルや前の座席に頭部を打ち付けたりすることが多く、車対人では道路に頭部が打ち付けられたりすることもあり非常に危険です。

頭部が痛い、頭が重く感じる、だるい、めまいがする、目がちかちかする等の症状がみられます。

頭部打撲はむちうち症と併発することが多いため、
頸部・背部・腰部の痛みも同時に伴うことが多いです。

そのため患者様が頭部の痛みよりも頚部や背部の痛みだけを医師に診断してもらうケースがよくあります。
診断から数週間後に頭部痛が顕著になり、
再度診断を受けたものの交通事故との因果関係が認められない・・・という事態もあります。

頭部打撲で損傷される可能性のある組織には
【頭部の筋膜・腱膜、硬膜、くも膜、頭蓋骨、脳実質等】
が考えられます。

なかでも頭蓋骨やくも膜、硬膜などの損傷が放置されるのはとても危険です。
仮に頭部に症状が全くなくても、
整形外科・脳神経外科で精密検査を受けましょう。

軽度の事故であれば、頭部の筋肉・筋膜・腱膜が損傷し、
頭痛や「頭が重い」「頭が支えられない」などの症状がみられます。

当院ではそのような筋肉・筋膜・腱膜の損傷が疑われた場合でも、
精密検査を受けていただいております。

患者様の安全が確認でき次第、
筋肉・筋膜・腱膜の治療をおこないますのでご安心ください。

頭部打撲、頭部損傷は心配しすぎるくらいが大切です!
それが将来の生活に影響を及ぼすことになるかもしれませんので、
お気軽にご相談くださいね。

 

交通事故治療(むちうち)のことなら京田辺(松井山手)の
BodyDesignなかざわ鍼灸整骨院
交通事故治療スーパーバイザー 辻

 

どうぞお気軽にご相談下さいませ。

☎0774-29-6293

 
9:00~21:30 × 9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※水曜日と日曜日は休診です。