交通事故に遭い、手首が痛くないですか?~TFCC損傷について~

交通事故に遭い、ハンドルに手を強く衝いてから

ずっと手首(手関節)が痛いのでしたら・・・

そのような時は手関節捻挫とTFCC損傷が合併している可能性があります。

 

TFCCとは手首の小指側に存在する【三角線維軟骨複合体】と呼ばれる部分のことを指し、その英名を省略して【TFCC】と呼ばれています。

 

TFCCは非常に細かい靭帯と軟骨から構成されます。

 

【尺骨三角骨靭帯・尺骨月状骨靭帯・掌側橈尺骨靭帯・背側橈尺骨靭帯・尺側側副靱帯・三角靭帯・更に、三角線維軟骨(関節円板)】

 

上記をみていただくとわかるように構成する組織が非常に多くて、ややこしいです。

まとめて【靭帯と軟骨(関節円板)が合わさっているもの】とお考え下さい。

 

TFCC損傷はテニスなど手首を使うスポーツをする方や、生まれつき手関節を構成する骨のひとつである尺骨(小指側の前腕の骨)が手を衝いたり捻った時によくみられます。

また、尺側手根伸筋、尺側手根屈筋といった手関節の小指側の筋肉の柔軟性の低下によって負荷がかかりやすい状態であることも関係します。

 

場合によっては手術が適応されることもあるのがTFCC損傷です。

「あれ?手首が痛いぞ?」と思ったら速やかに整形外科に受診し、MRIを撮ってもらいましょう(靭帯や軟骨はMRIで写ります)。

 

TFCC損傷は慢性の経過を辿ることが多いです。

そのため、早期に整骨院で施術を開始し、慢性化を防ぐことが大切です。

 

お気軽にご相談下さい。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

交通事故(追突事故)で子供がむちうちになってもお任せください!

前回、子供のむちうち症について簡単にご説明させていただきました。

お子さんが「首が痛い」と交通事故後に訴えたらほとんどのケースでむちうち症が疑われますが、「背中や腰が痛い」といったパターンも要注意という風に前回はお伝えしました。

(前回のコラム)
交通事故(追突事故)で子供がむちうちになったら・・・

当院でも多いのはやはり首の痛みです。

お子さんに問診し、保護者の話を注意深く聞いていると

「勉強中に首が痛くなる」

「下を向けない」

「だるい、しんどい」等

訴えるケースが多く感じでいます。

他にはスポーツ中の動きに違和感がある、調子が悪そうといった感覚的な訴えも良く聞きます。

首が痛いという子は総じて背中の痛みか腰の痛みも訴えることが多いです。

 

首が痛いことで身体をかばって負担や疲労で悪化していることも考えられますので、早期に施術を開始することがとても大事です。

文武ともに影響を及ぼしかねないのが【子供のむち打ち症】です。

早期に医療機関に受診して精査し、施術を開始することが子供の未来の安全に繋がります。

 

少し脅しのようになりましたが、子供の治癒力はとても高いです!

10回以内の施術で完治することも多いです。安心してくださいね。

 

京都(京田辺/松井山手)で交通事故施術に通うならBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

交通事故(追突事故)で子供がむちうちになったら・・・

ご家族で交通事故に遭った時、お子様を守るために・・・

ご家族で交通事故の被害者になる方が大勢いらっしゃいます。

そんなとき気をつけていただきたいのがお子さんの「むちうち」です。

むちうちは年齢に関係なく発生します。

 

特に子供は症状がはっきりしない、もしくは症状を伝えることが大人より苦手な場合があり、後から「首が痛い」「背中が痛い」「腰が痛い」等の症状を訴えるケースが多いです。

 

高学年ならしっかりと伝えてくれる場合がありますが、低学年や幼児期の場合は特に注意が必要です。

 

いつもより子供の寝起きが悪い、機嫌が悪い、動きが変な感じがする・・・などの違和感があればすぐに受診させてください。

(痛みや辛さが寝起きの悪さやストレスの原因になっている場合があります。)

 

当院では幼児から幅広い年代のお子さんが来院されております。

ご家族で施術を受けることも可能です(要予約)。

 

お子さんの未来のためにも、本人が「大丈夫」と言っていても整形外科・病院で検査を受け、整骨院で交通事故施術を受けることをオススメ致します。

 

あやしいと思ったら受診しましょう!

 

京都(京田辺/松井山手)で交通事故施術に通うならBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

 

どうぞお気軽にご相談下さいませ。

☎0774-29-6293

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

交通事故施術が打ち切りにならないために弁護士と提携し、あなたをサポートします!

交通事故施術が打ち切りにならないために弁護士と提携し、全力であなたをサポートします!

近頃、加害者側が弁護士をたて、慰謝料減額や早期施術中断を求めてくるケースが当院でも増えてきました。全身に症状があり、医師から診断書が出ているのにも関わらず「1ヶ月で終わってください。因果関係が認められません」と言われることもあります。その言葉を聞いてショックを受けました。

何のための、誰のための自賠責保険でしょうか。

もし、この訴えが通ると被害者であるにも関わらず、早期に施術を打ち切られ、正当な慰謝料も貰えません。ここまで話が進んでしまうと私達が「施術の必要がある」と言っても声が届かないです。

だからこそ弁護士を雇い、早期に手を打つ必要があります!

当院はお客様に正当な期間・時間のなかで施術を受けてほしい!そう思っています。そのために弁護士と提携し、全力であなたをサポートすることを決心しました。

大切な家族、大切な自分の身体を守るために、万が一のときはご相談ください。

副院長 辻大稀

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

交通事故による椎間板ヘルニアもお任せください!

交通事故(追突事故)による椎間板ヘルニア(頸椎・腰椎)の痛みでお困りではないですか?

今回は交通事故によって発症する椎間板ヘルニアについてお話します。

椎間板というのは脊椎(背骨)の間にある「クッション」の役割を担う円形の線維軟骨です。

このクッションというのは加齢や運動によってすり減っていきます。

軟骨がすり減るのはある程度は自然な現象です。痛みや痺れがなければレントゲンやMRIで「すり減っている」と言われても問題が無いことが多いです。

このすり減った椎間板がなんらかのきっかけで損傷し、組織の一部が飛び出すことを椎間板ヘルニアといい、それによって椎骨付近の神経を刺激したり圧迫したりすることで症状が出ます。

 

・頚椎椎間板ヘルニアであれば首の痛み、指の痺れ、腕の痺れ、背中の痛み。

・腰椎椎間板ヘルニアであれば、腰痛や坐骨神経痛、ふくらはぎの痺れ、足先の痺れ等が症状として現れます。

 

交通事故で前に首が前にふられた、腰が前屈みになるような衝撃を受けたときにヘルニアになる恐れがあります。

当院では椎間板ヘルニアの鑑別をしっかりと行なっております。

椎間板ヘルニアが疑われる要素があれば、脊椎・脊髄専門外来への紹介状をお渡ししています。

お気軽にご相談くださいね。

 

京都(京田辺/松井山手)で交通事故施術に通うならBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。