交通事故によって斜角筋群損傷を伴ったむちうち症は、当院にお任せください!

今回は交通事故によって斜角筋群損傷を伴ったむちうち症についてお話しします。

斜角筋群は前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋から構成されています。

頚部に強い外力が働く交通事故で損傷しやすく、肩甲挙筋と共に損傷することが多くむち打ち症、特に腕や首のしびれに深く関与しています。

また、頸椎から肋骨に付着する筋肉で頚部を前屈・側屈させ、上部の肋骨を挙上させる作用があります。

交通事故によって斜角筋群損傷を伴ったむちうち症の症状

斜角筋群を損傷するとこの様な症状があらわれます。

・頚部の運動制限

・頭痛

・後頭部痛

・首の痛み(寝違えたような痛み)

・肩の痛み

・肩こり

・首のこり

・緊張性頭痛

・睡眠障害

・吐き気

などがみられ上肢・手・指にかけての痛みやしびれ、だるさが症状にでることがあります。

斜角筋群の隙間を腕神経叢という頚部から上肢にむかう神経の束・鎖骨下動脈が通るため、斜角筋群の損傷によって神経・血管が絞扼を起こし、血流障害となり腕のしびれ・だるさといった症状の原因になります。

この様な症状を、斜角筋症候群(胸郭出口症候群の一種)といいます。

交通事故によって斜角筋群損傷を伴ったむちうち症のなかざわ鍼灸整骨院の施術方法

頚椎椎間板ヘルニアと間違われることも多く、適切な整形外科的テスト、レントゲン診断が必要となります。

慢性化すると何かのきっかけに斜角筋症候群を再発することもあります。

早期に斜角筋群と解剖学的に連結している筋肉・筋膜に対してアプローチしていくことで、筋肉による神経・血管の絞扼を解放していきます。

急性期のうちに、早めに施術できていると早期回復が期待できます。

慢性的な「こり」を残さないためにも、お早めにご相談くださいね。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

交通事故によって肩甲挙筋損傷を伴ったむちうち症は、お任せください!

今回は交通事故によって肩甲挙筋損傷を伴ったむちうち症についてお話しします

肩甲挙筋は、頚部に強い外力が働く交通事故で損傷しやすくむち打ち症に深く関与しています。

交通事故によって肩甲挙筋損傷を伴った「むちうち症」の症状

肩甲挙筋は肩甲骨から頚部に付着する筋肉です。

肩甲骨の動きや、頚部の動作に関与しています。

肩甲挙筋を損傷すると、この様な症状があらわれます。

頚部・肩甲骨の運動制限・頭痛・後頭部痛・首の痛み(寝違えたような痛み)・肩の痛み・肩こり・首のこり・緊張性頭痛・睡眠障害・吐き気などがみられます。

肩甲挙筋は肩こりの原因であったり、寝違えの原因になることが多い筋肉であり、スマートフォンやパソコン操作をよくされる方が特に「こり」やすいです。

日頃、肩甲挙筋が運動不足で硬い方は、交通事故で急激な外力が働くことで、損傷しやすいです。

肩甲挙筋は僧帽筋や斜角筋群といった筋肉と同時に損傷しやすいため、それらの筋肉の血流障害がおこることで「しびれ」のような症状が出る例もあります。

交通事故によって肩甲挙筋損傷を伴った「むちうち症」の施術方法

急性期では、整形外科でレントゲンを撮っていただき、骨の異常がないことを確認したうえで患部の触れるギリギリと、肩甲挙筋と解剖学的に連結している筋肉・筋膜に対してアプローチしていきます。

急性期のうちに、早めに施術できていると早期回復が期待できます。

 

慢性的な「こり」を残さないためにも、お早めにご相談くださいね。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

交通事故による僧帽筋損傷を伴ったむちうち症でお困りなら・・・

今回は交通事故によって僧帽筋損傷を伴ったむちうち症についてお話しします。

頚椎捻挫によって、軟部組織(筋肉、靭帯、神経、血管等)を損傷したものをむちうちと定義していますが、僧帽筋を強く損傷すると以下のような症状が現れます。

交通事故による僧帽筋損傷を伴ったむちうち症 症状

僧帽筋は背中・肩甲骨・首に付着するとても大きな筋肉です

肩甲骨を動かしたり、首を動かす動作に関わっています。

 

僧帽筋を損傷するとこの様な症状があらわれます。

・頚部・背部の運動制限

・首の痛み(寝違えたような痛み)

・背中の痛み

・肩の痛み

・肩こり

・背中のこり

・緊張性頭痛

・睡眠障害

などがみられます。

 

僧帽筋の損傷によって身体を動かすことが困難になると、背中や頚部の血液循環がわるくなり、慢性的な「こり」が残存してしまうこともあります。

交通事故による僧帽筋損傷を伴ったむちうち症 施術方法

急性期では、整形外科でレントゲンを撮っていただき、骨の異常がないことを確認したうえで患部の触れるギリギリと、僧帽筋と解剖学的に連結している筋肉・筋膜に対してアプローチしていきます。

急性期のうちに、早めに施術できていると早期回復が期待できます。

慢性的な「こり」を残さないためにも、お早めにご相談くださいね。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のBodyDesignなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。