交通事故による胸部打撲(胸部挫傷)の症状や対処は?

交通事故で胸部を打撲してしまうことがあります。

特に運転手がハンドルに胸部を強く打ち付けてしまったり、シートベルトにロックがかかってしまったために胸を強く圧迫される例が多いです。

その多くは胸部打撲・胸部挫傷と診断されます。

 

軽度な交通事故であれば、大胸筋や皮下組織の損傷で済みます。

胸部の一番体表に近い筋肉は大胸筋であり、打撲しやすいです。

 

交通事故による胸部打撲(胸部挫傷)の症状は?

症状としては、腕を動かすと胸が痛んだり、手を衝いて起き上がろうとすると痛みが出ます。

損傷具合によっては呼吸をすることで痛みがでる例もあります。

 

気をつけていただきたいのは、呼吸をすると強く痛んだり、息を吸うと「軋む」ような感じがする場合は要注意です。

肋骨骨折や胸骨骨折の可能性があります。

自覚症状として軋轢音を感じられている場合は、レントゲンや触診でも肋骨骨折に気付くことが多いですが、レントゲンに写りにくく見逃されやすい「ひび」レベルの損傷がある場合があります。

肋骨骨折の詳しい症状については下記もご参照ください。
交通事故による肋骨損傷でお困りではないですか?

むちうちも合併している可能性も

交通事故で胸部を打撲してしまうような状況であれば、むち打ち損傷も避けることができません。

むちうち損傷かと思ったら、胸部の損傷だったり、その逆もあります。

むち打ち損傷なのか、胸部損傷なのか、それとも合併しているのか

それをしっかりと専門の先生に診てもらいましょう。

お困りの際は、京田辺市(松井山手駅)のなかざわ鍼灸整骨院へご相談ください。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

自損事故(単独事故)の医療費は健康保険?自動車保険?

自損事故(単独事故)に遭い、

「健康保険で通院してください」と保険会社様に言われることがあります。

これ自体に間違いはありません、お客様の自己負担分を保険会社様に請求する事で、結果的に0円でむちうち施術を受けることができます。

しかし、健康保険を使った施術になりますと、施術時間に限りがあります。

なかざわ鍼灸整骨院としても交通事故に遭われた方に対して、丁寧に長い時間をかけて施術をしたい!と思っています。

・・・

実は、交通事故のなかでも単独事故や自損事故であっても健康保険を使わずに、保険会社から補填を受けて施術を受ける例があります。

加入している保険会社や、特約によります。

人身傷害保険の適応範囲内であれば、単独事故・自損事故でも保険がおりることがほとんどです。

人身傷害保険以外には、自損事故傷害特約等も範囲となることがあります。

せっかく保険料を支払っているのですから、

いざというときには、しっかりとした施術を受けていただきたいと思います。

 

自損事故(単独事故)で自動車保険を使うと等級ダウンする?

「保険の等級がダウンするのでは?」というところが不安な点でしょう。

これに関しましては、ご契約されている保険会社様の約款や規約によって変わりますが

基本的には等級は変わりません。

万が一、等級ダウンとなる場合は、保険会社様、お客様としっかりと相談し、お客様が一番納得できる形となるように、サポートさせていただきますので、ご安心ください。

なかざわ鍼灸整骨院では、交通事故施術・むちうち施術でも通院していただきやすいように、平日21時45分まで、土曜日・祝日も17時まで受付しております。

保険会社様に「健康保険で施術を受けてください」といわれても、一度当院にご相談ください。

 

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。