緊張型頭痛を伴うむちうち損傷はお任せください!

むちうち損傷によって引き起こされる首の痛みや頭痛には様々な原因が考えられますが今回はむちうち損傷が起点となる緊張性頭痛(緊張型頭痛)についてお話しします。

 

頭痛には群発頭痛・片頭痛・慢性頭痛・緊張型頭痛などの種類がありますが、最も発生率の高いのが緊張型頭痛といわれております。

 

緊張型頭痛は、肩・頚部・頭部の筋肉の緊張から起こる頭痛といわれ、筋収縮性の頭痛とも称されます。

 

症状としてはズキズキと締め付けられるような痛みが、後頭部、首筋、側頭部にかけて、片側もしくは両側に起こります。

 

交通事故に遭い、むちうち損傷となり頚部や肩部、背部の筋肉を損傷し、筋緊張が起き、血流も悪化することで緊張型頭痛が起きやすい環境となります。

交通事故処理に対する精神的ストレスや身体的症状に対するストレスも関係します。

 

また、交通事故のときに頭部を知らぬうちに打撲しており、血腫等ができてしまっている可能性もありますので、すぐに病院で精査されることをオススメ致します。

 

緊張型頭痛を伴うむちうち損傷に対する京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院の施術法

 

緊張型頭痛がみられる方は、頚部と後頭部を支える筋肉が損傷し、筋緊張を引き起こしている場合があります。

僧帽筋、後頭下筋、頭板状筋、肩甲挙筋といった頭頚部を構成する筋肉に対して施術を行い、血流を良くしていきます。

 

筋損傷の治癒が進み、筋緊張が解けてくると次第に緊張型頭痛が起きる頻度も減っていきます。

 

緊張型頭痛はむちうち損傷の症状としてよくみられ、悪化してしまうと慢性的な頭痛が起きることもあり、早期施術と予防がとても大切です。

お困りの際は、お気軽にご相談ください。

むちうちの後遺症での緊張型頭痛の施術もおこなっておりますのでお任せください。

交通事故施術のことなら京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院
交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

9の付く日は救急の日!

9の付く日は救急の日!
(本当は9月9日のことを救急の日と称するのですが(笑))

京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院では9の付く日に交通安全に対して意識を向けていただくための活動をさせていただいております。

常日頃運転していると慣れでついつい安全確認を疎かにしたり、慣れた道をとばして運転したり、惰性で運転してしまうことも。

昨今、運転事故による被害の報道が多く見受けられます。

アクセルとブレーキの確認、シフトレバーが正しく入力されているかも一つずつ確認するようにしましょう。自分は大丈夫と思わないことが大切です。

安全運転、左右確認、余裕のある運転を心がけましょう。

交通事故施術(むちうち)のことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院
交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。

 

交通事故による尺骨神経損傷の症状や施術法は?

交通事故による尺骨神経損傷でお困りではないですか?

尺骨神経とは肘の内側、手のひらの小指側を通る神経であり、手指の運動や感覚を司ります。

よく”ハニーボーンを打った!”  ”肘を打って電気が走った!”とか言われるものが尺骨神経です。

 

尺骨神経を損傷するパターンにもいくつかあります。

むちうち損傷(頸椎捻挫)によって頚部を痛めたことが起因であったり、手のひらのギヨン管(手掌の打撲)を損傷したことで発生するなど・・・

今回は肘関節捻挫を起点とした尺骨神経損傷についてお話しします。

 

尺骨神経損傷 原因

肘関節を強打することで尺骨神経を損傷することもありますし、中には打ってもいないのに、前腕や指にしびれや痛みがピリピリとすることもあります。

 

一概に全てがそうであると言えませんが、追突されたときに防御の姿勢をとります。

特に運転手の方はハンドルを握っていますので、衝撃に対してハンドルをしっかり握ろうとしたときに肘が内に入り、尺骨神経が強く伸張され、損傷することもあります。

 

尺骨神経損傷 症状

肘、前腕、手指にシビレや疼痛を伴います。

特に、小指側(内側)、つまり尺骨神経に沿った箇所に生じます。

なかには、尺骨神経が支配する筋肉が萎縮してしまい、手が変形することもあります(鷲手変形・かぎ爪状変形)。

 

尺骨神経損傷 施術法

神経損傷と同時に肘関節周囲の筋肉・靭帯も損傷していることがほとんどです。

それらの炎症や硬化によって尺骨神経に負担がよりかかっていることがあります。

まずは、肘関節周囲の筋肉の緊張を取り除き、血流を良くして治癒を促進させます。

アームラインと呼ばれる筋膜のつながりに沿って施術します。

 

神経症状が出るとすごく不安な気持ちになります。

一刻も早く改善するためには早期施術が大切です。

むちうち損傷と並行して、尺骨神経損傷の施術、サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

交通事故施術のことなら京田辺市(松井山手)なかざわ鍼灸整骨院
交通事故施術スーパーバイザー 辻(柔道整復師)

 

ぜひ、交通事故施術のことならなかざわ鍼灸整骨院にご相談ください。

お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

☎0774-29-6293

携帯電話【24時間対応】 
090-9863-3970 

受付時間

 
9:00~21:45 12:00

21:45
9:00

17:00

※祝日の受付時間 9:00~17:00
※日曜日は定休日です。